0731 スタジアムのおみやげ(2)

街と文化

野球観戦の2日後、夕方から喉がイガイガして、なんか変だなって思った。
その夜は喉が腫れて息苦しく、翌朝には鼻水と咳がすこし。
「う~ん。こりゃ早めに医者にかかった方が良いかな…」

風邪症状の場合は、「内科より耳鼻咽喉科」って聞いたことがある。
ネットで検索したところ、自転車で3~4分のところに「○○耳鼻咽喉科」があった。
ここはいつも行く商店街の一画だから試しに行ってみた。

9時半開始まもなくだったからかも知れないが客は二人、待ち時間10分、診療3分、
のどと鼻へのネプラーザー(吸引スプレー)10分、薬は隣の薬局。
診療費1350円、5日分薬剤費800円の合計2,150円だった。

診察室に、めまいの診療についての張り紙もあったから、ついでに医者に訪ねてみた。
<めまいの原因には、発作性・メニエール病・脳内症状3種類がある。
  発作性(前回の私の症状)は、治れば気にしなくて良いが習慣性がある。他の場合は怖い>
医者の説明は、知ってたことばかりだったが、再度めまいを発症したら、
とりあえずここにいけば良いようだ。

札幌では、歩いて3分、診察まで待ち時間なし、院内調剤で合計30分で薬までもらえた。
風邪ひき程度なら千円かからなかったから、私は「コンビニ診療所」って呼んでいた。

横浜異動後は、床屋、歯医者、病院をあらたに探さねばと思っていた。
病院はとりあえず○○耳鼻咽喉科で良いだろう。
床屋は千円カットにして、あとは「腕の良い歯医者」さがしだな。

今回の反省!
こりゃ「 スタジアムのおみやげ」にちがいない。
喉の痛みだけじゃなく風邪っぽい症状はウイルスだろう。

発病時期からして、どう見たってスタジアムで ウイルスを 貰ってきたとしか思えない。
混雑通路の人混みに保菌者がいたにちがいない。
今後は人混みには要注意だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました