0822 目玉おやじ

買う

わが家には扇風機が3台あった。
2台はリビングファンで30~20年前の購入、1台は12年前に購入したタワーファン。

いずれも、夏場以外はコンパクトに収納するために、
まいとし分解してたから若干ガタがきていた。
まだ十分に使用可能だが、古い電気製品は発火の危険があると聞くから、札幌に捨ててきた。

古いけど愛着もある。簡単に捨てる気になれず、タダでも良いから引き取ってくれないかと、中古品屋で尋ねてみた。しかし、
<家電は6年までしか扱えないんですよ~>
とのことで コンパクトに 分解して、燃えないゴミとして処分した。

ところで逆にその中古品屋で、 いっけん扇風機のようだがサーキュレーターでもある 、シャープのミニサイズタイプを発見した。なにやら2万円ほどしたものらしいが2千円で購入した。こいつは左右に向きを変えながら、しかも上下に自動で首振するのがとても面白い。
「う~ん、サーキュレータもありだな」と思った。

そこで、「エアコン扇風機」だけでは夏をしのぎ切れないし、
冬の暖房時の空気の攪拌目的もあって、
私の部屋用にコンパクトなサーキュレーターを探しに行った。

いろんなメーカーの多くのサーキュレーターが並んでいた。
そのうちアイリスオーヤマの「目玉おやじ」が気に入った。
どこにでも置けるしデザインに無駄がない、何よりカワイイ!

それまで「アイリスオーヤマ」という企業には、スキマ商品ねらいの胡散臭さをどこか感じていた。しかし過日TVで「知られざるガリバー」「カンブリア宮殿」を見たことで、まっとうな会社であることを初めて理解した。

<アイリスオーヤマは仙台に本社を構え、従業員はグループ全体で11800人
 圧倒的な商品開発力で国内トップの生活用品メーカーに成長を遂げた。
 1万5000種類もの幅広い商品を製造販売、最近は小型家電に力を入れる。
 大手電機メーカーの優秀な技術者をまねき、多機能よりも最小限必要な機能
 に絞ることでコストカットをはかる>

頭の上から「エアコン扇風機」、背後の床から「目玉おやじ」が、ソヨソヨと風を送ってくれている。上から下から風が来て、エアコンなしでも快適だ。

そういえばむかし、畑中葉子の「後から前からどうぞ…」って
どこか色っぽい歌があったな…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました