0510 横浜へ転居した

住む

4月初旬、札幌から横浜へ転居した。
2月末から悩まされていた「めまい」の症状も
少し前から治まって、健康面の不安がやっと解消された。

三月末退職し、その後は毎日が日曜日だ。
今年のGWは、世間ではとっても長い10日間の休日なれども無職の私には無関係。
いま5月10日だから新居での生活が早くも一ヶ月になる。
きっと皆さんは、私がさぞヒマな日々をと思われるでしょうが、
ところがドッコイ毎日いろいろ大変だ。
自分の部屋で、ボーッとしてる時間はほとんど無い。

これまでの私は自宅でパソコン作業してることが多かった。
「勤務先での仕事」が5割、「自宅での仕事」が4割、「食中心の家事手伝い」が1割。
それが私のこれまでの「生活」の時間配分だった。
それに対して、現在は9割にあたる「仕事」の部分が消滅し、
残り1割の家事手伝いが10割に。
その結果、「おしごとあるからサ…」との名目で、これまでは目を背けてきた「生活=家事」に全身で向き合うことになったのです。

さて、実際に毎日が日曜日、自宅でズーッと奥さんと一緒にいる退職生活になってみると「生活の基本=衣・食・住」を、これまでいかに奥さん任せきりにしていたかに気づいた。
「退職後も、これまでとあんまり変わらないだろう。」

そんなふうに予想していた私の甘い考えは吹き飛ばされたのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました